ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

あしあと

    じゃこまめ

    • [公開日:2022年03月10日]
    • [更新日:2022年2月19日]
    • ID:6356

    ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

    じゃこまめの写真

    「じゃこまめ」は河内地区の郷土料理のひとつで「えびじゃこ」ともいわれます。

    本来の「じゃこまめ」は、川に住んでいる「もろこ(小魚)」や「川えび」と大豆を煮たものですが、現在は「もろこ」や「川えび」が、手に入りにくくなっていますので、干しえびで代用することもあります。

    「じゃこまめ」は、手近な食材で作ることができるので、保存食として、ごはんのおともや、おつまみとして、よく食べられていました。

    カルシウムを多く含む食品の「大豆」や「干しえび」を使っているので、カルシウムがたっぷりの献立です。

    材料と分量(4人分)
    大豆150g
    干しえび15g
    さとう大さじ3
    こいくちしょうゆ

    大さじ1と2/3

    みりん大さじ1

    【作り方】

    1. 大豆は洗って戻し、やわらかく煮る。
    2. 大豆がやわらかくなったら、調味料を、さとう、こいくちしょうゆ、みりんの順に入れて煮含める。
    3. 最後に干しえびを加えて、焦げない程度まで煮つめる。

    お問い合わせ

    東大阪市教育委員会事務局学校教育部学校給食課

    電話: 06(4309)3276・77

    ファクス: 06(4309)3867

    電話番号のかけ間違いにご注意ください!

    お問い合わせフォーム