ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

メニューの終端です。

ひがしおおさか水道ビジョン2030

[2021年8月25日]

ID:30139

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

策定の趣旨

 東大阪市では、平成20(2008)年度に「東大阪市水道ビジョン」を策定し、「健やかな(健全な)上水道」を将来像として掲げ、「安心」「安全」「持続」「環境・国際」の目標に向けて事業を推進してきました。また平成30(2018)年度に「東大阪市水道事業経営戦略」を策定し、経営基盤の強化と財政マネジメントの向上に取り組んできました。

 その後人口減少社会の到来により事業環境がより一層厳しくなることが予測されることや、東日本大震災、熊本地震、及び大阪北部地震等の災害の経験、加えて発生が高い確率で予測される南海トラフ巨大地震を始めとするさまざまな自然災害への対応のため、水道施設の耐震化・強靭化の重要性が再認識されています。


 令和2年度にて「東大阪市水道ビジョン」の計画期間終了を迎えるにあたり、水道事業における新たな課題に対応するための今後の方向性や取り組みをまとめる必要がありましたが、さらに経営基盤の強化のための経営戦略も兼ねた中長期計画である「ひがしおおさか水道ビジョン2030」を策定しました。
 安全・安心な水道水の供給を継続しながらも、社会情勢の変化に対応し、強靭な水道施設を再構築し、経営基盤の強化によって、将来・次世代にわたり健全な水道事業を継続することを目指します。

計画期間

令和3(2021)年度~令和12(2030)年度(10年間)

「ひがしおおさか水道ビジョン2030」は下記リンクからダウンロードできます

お問合せ

東大阪市 上下水道局水道総務部 水道経営室 企画課 

電話: 06(6724)1221

ファクス: 06(6721)2374

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問合せフォーム


ひがしおおさか水道ビジョン2030への別ルート