ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

メニューの終端です。

介護サービス費の自己負担が高額になったとき

[2021年12月3日]

ID:2291

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

高額介護(介護予防)サービス費等の支給

 同じ月に利用したサービスの、利用者負担の合計額(同じ世帯内に複数の利用者がいる場合には、世帯合計額)が高額になり一定額を超えたときは、後日申請により越えた分が「高額介護(介護予防)サービス費等」として支給されます。

  • 該当する場合は、利用者宛に通知が届きます。先に申請することも可能です。
  • 新型コロナウイルスのまん延防止のため、可能な限り郵送での申請をご利用ください。
  • 支給限度額を超えたサービス利用料、福祉用具購入費、住宅改修費、入所施設での食費・居住費・日常生活費などの利用料は対象外です。
  • 給付制限を受けている方については、高額介護(介護予防)サービス費等の支給ができない場合があります。

 

令和3年8月から制度が改正されました

医療保険制度の高額療養費制度に合わせ、令和3年8月サービス利用分から、一定年収以上の高所得者の利用者負担上限額が見直されました。

詳しくは、以下のリーフレットをご覧ください。


令和3年8月利用分より

利用者負担段階と上限額
利用者負担段階

利用者負担上限額

(1か月)

現役並み所得者※1課税所得690万円(年収約1,160万円)以上140,100円
課税所得380万円(年収約770万円)以上~課税所得690万円(約1,160万円)未満93,000円
課税所得145万円(年収約383万円)以上~課税所得380万円(約770万円)未満44,400円(※2)
一般世帯44,400円
市町村民税非課税世帯本人の年金収入+その他の合計所得金額が80万円超24,600円
本人の年金収入+その他の合計所得金額が80万円以下15,000円(個人)
生活保護受給者15,000円(個人)

※1 同一世帯に課税所得145万円以上の65歳以上の人がいて、単身の場合年収383万円以上、2人以上の場合年収520万円以上ある世帯

※2 令和3年7月15日号の市政だより及び当課より発送したお知らせ文において、現役並み所得者(課税所得145万円~380万円未満)の金額が「44,000円」と誤って記載されていましたが、正しくは「44,400円」です。お詫びして訂正します。 

令和3年7月利用分まで

利用者負担段階と上限額
利用者負担段階

利用者負担上限額

(1か月)

現役並み所得者※144,400円
一般世帯44,400円
市町村民税非課税世帯本人の年金収入+その他の合計所得金額が80万円超24,600円
本人の年金収入+その他の合計所得金額が80万円以下15,000円(個人)
生活保護受給者15,000円(個人)

申請に必要なもの

介護保険高額介護(介護予防)サービス費等支給(変更)申請書《自動償還用》(ダウンロードページへ移動します)

 

 また、東大阪市電子申請システムを利用して、介護保険高額介護サービス費等の支給申請をオンラインで行うことができます。
 ご利用に際しては、東大阪市電子申請システムへの利用者登録やご自身のマイナンバーカード、ICカードリーダライタ(ICカード読み取り機)等が必要になります。
 オンライン申請をご利用される場合は「東大阪市電子申請システム」から申請してください。

提出先

高齢介護室給付管理課、もしくは東・中・西の各福祉事務所 高齢・障害福祉係

新型コロナウイルスのまん延防止のため、可能な限り郵送での申請をご利用ください。

郵送の場合は、高齢介護室給付管理課へ送付してください。

高額介護サービス費の受領委任払いについて

 大阪府内の介護保険施設に入所している被保険者の高額介護サービス費の受領権限を、サービス事業者(介護保険施設)に委任することにより、利用者負担上限額を超える額を国民健康保険団体連合会からサービス事業者に直接支払う制度です。制度を利用するには申請により承認を受ける必要があります。新型コロナウイルスのまん延防止のため、可能な限り郵送での申請をご利用ください。

 

《承認の要件》

  • 月途中の入所については、その翌月以降から承認可能です。また、月途中の退所の場合は、その前月までが承認月となります。
  • 給付制限を受けていないこと。
  • 介護保険施設の同意を得ていること。

 

申請に必要なもの

高額介護サービス費受領委任払承認及び支給申請書(ダウンロードページへ移動します)

 


 また、東大阪市電子申請システムを利用して、高額介護サービス費受領委任払の申請をオンラインで行うことができます。
 ご利用に際しては、東大阪市電子申請システムへの利用者登録やご自身のマイナンバーカード、ICカードリーダライタ(ICカード読み取り機)等が必要になります。
 オンライン申請をご利用される場合は「東大阪市電子申請システム」から申請してください。

提出先

高齢介護室給付管理課、もしくは東・中・西の各福祉事務所 高齢・障害福祉係

新型コロナウイルスのまん延防止のため、可能な限り郵送での申請をご利用ください。

郵送の場合は、高齢介護室給付管理課へ送付してください。

介護保険と医療保険の利用者負担が高額になった場合

 介護保険と医療保険の両方の利用者負担を年間で合算し高額になった場合は、利用者負担上限額を超えた分が支給される高額医療・高額介護合算制度があります。⇒高額医療・高額介護合算制度について(別ページへ移動します)

関連コンテンツ

介護サービス費の自己負担が高額になったとき

お問合せ

東大阪市 福祉部  高齢介護室 給付管理課 

電話: 06(4309)3186

ファクス: 06(4309)3814

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問合せフォーム