ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

メニューの終端です。

カップ型ローソクの火災に注意

[2018年5月23日]

ID:22552

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

 東大阪市内でカップ型ローソクによる火災が発生しています。

 カップ型ローソクとは、プラスチック製の容器内にロウと芯を入れ、長時間使用できるようにした製品です。カップ型ローソクは、転倒や可燃物が触れること以外に、カップ内への異物混入にも注意が必要です。

 また、周囲から異物が偶然入ること以外にも、点火に使ったマッチの軸をカップ内に入れたため火災になった事例もあります。

実験動画

Windows Media Player の入手
wmv,avi,asf,mpg,wav,mp3ファイルの閲覧には Microsoft社のWindows Media Playerが必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Microsoft社のサイトから Windows Media Player をダウンロード(無償)してください。

実験画像

異物が入った状態
異物が芯の役割に
異物の炎で液面の温度が上昇
液面が発火
火災発生

守ってほしい4つのポイント

  1. ローソクを灯しているときは、絶対に目を離さない。
  2. ローソクから離れるときは、絶対に火を消す。
  3. 周りに燃えやすいもの(可燃物)を置かない。
  4. マッチ棒などの燃える物をカップ内に入れない。

ローソクは、適切に使用すれば安全な商品です。商品に記載されている注意事項は、必ずお読みください。

お問合せ

東大阪市 消防局 警防部予防広報課 

電話: 072(966)9662・3

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問合せフォーム