ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

メニューの終端です。

第3号被保険者の特例制度

[2012年2月29日]

ID:3241

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

 平成17年4月より第3号被保険者(厚生年金保険等に加入する方の被保険者用配偶者)の届出の特例が認められます。

 第3号被保険者の届出が遅れたときには、2年前まではさかのぼって第3号被保険者の納付期間となりますが、それ以前の期間は、「保険料未納の取扱い」となっていました。今回の改正では、特例の届出をしていただくことによって、認められれば2年以上前の期間も第3号被保険者期間として取扱い、将来その分の年金を受け取ることができるようになります。

 届出は年金事務所で行ってください。

問合せ先

お問合せ

東大阪市 市民生活部 国民年金課 

電話: 06(4309)3165

ファクス: 06(4309)3805

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問合せフォーム