ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

東大阪市

共通メニューなどをスキップして本文へ

あしあと

    在宅酸素療法時の火気の取扱いにご注意ください!

    • [公開日:2021年10月15日]
    • [更新日:2021年10月15日]
    • ID:31405

    ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

    在宅酸素療法時の火気の取扱いにご注意ください!

    全国的に新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、在宅酸素療法を行う自宅療養者が増加しています。

    酸素は可燃性ではないので、高濃度酸素だけでは自ら燃焼することはなく安心・安全ですが、支燃性物質のため、ライターの火やたばこの火を近づけると急激にその火が大きくなり、重度の火傷や住宅の火災の原因になります。

    酸素濃縮装置等の使用中は、装置の周囲2m以内には火気を近づけないでください。

    こうした事故や火災を未然に防ぐためにも、在宅酸素療法を受けている患者やその家族の方々は、酸素吸入時の火気の取り扱い等について十分に理解し、酸素濃縮装置等をご使用ください。



    詳しくは、消防庁ホームページをご確認ください。


    「在宅酸素療法時の火気の取扱いにご注意ください」

    お問い合わせ

    東大阪市消防局警防部予防広報課

    電話: 072(966)9662・072(966)9663

    電話番号のかけ間違いにご注意ください!

    お問い合わせフォーム