ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

東大阪市

あしあと

    二酸化炭素消火設備の放出事故を受けた注意喚起について

    • [公開日:2021年10月15日]
    • [更新日:2021年10月15日]
    • ID:30193

    ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

    二酸化炭素消火設備の放出事故を受けた注意喚起について

     東京都新宿区において、二酸化炭素消火設備が誤作動・誤放出され、死者4名、負傷者2名を出す事故が発生しました。

     事故の原因については、現時点では明らかになっていませんが、類似の事故発生を防止するため、二酸化炭素消火設備が設置されている建物関係者に対し、下記のとおり注意喚起を行っていただくようお願いします。

    事故防止対策

    防火対象物関係者の方

    作業する方(工事業者)に次の点を伝えてください。

    ・消防設備士又は消防設備点検資格者を立ち会わせること。

    ・二酸化炭素消火設備の閉止弁を確実に閉め、その上で工事を開始すること。

    作業する方(工事業者)

    ・二酸化炭素消火設備を誤って起動させた場合は、非常停止ボタンを押すこと。

    ・二酸化炭素消火設備の消火剤が放出された場合は、119番通報し、その部分・隣接部分に人を立ち入らせないこと。

    二酸化炭素の人体への影響

    ・消火に用いる濃度(概ね35%)では、ほとんど即時に意識消失に至ります。
    ・高濃度(55%以上)の二酸化炭素が存在すると、短時間で生命の危険に至ります。

    詳しくは、下記のリーフレットをご覧ください。

    注意喚起リーフレット

    Adobe Reader の入手
    PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

    お問い合わせ

    東大阪市消防局警防部予防広報課

    電話: 072(966)9662・072(966)9663

    電話番号のかけ間違いにご注意ください!

    お問い合わせフォーム