ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

メニューの終端です。

カラス対策について

[2020年06月05日]

ID:27524

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

カラスにごみを荒らされないようにするには?

カラスは、野生の動物です。捕獲等はできません。

カラスはごみ集積所などに集まり、生ごみを食べ散らかします。

ごみを荒らされないように、対策をする必要があります。

対策

対策といたしまして、ごみの出し方を工夫することがあげられます。具体的な方法を記載いたします。

  1. ネットなどでごみを覆う                                                                  ネットの網目を細かくすることで、カラスのくちばしが通りづらくなりより効果的です。また、重りをつけることによりカラスや風の影響を受けにくなります。
  2. 収集時間を守って出す                                                                   決められた時間に排出することで、ごみを放置する時間が短くなり、カラスに荒らされにくくなります。
  3. 生ごみを見えないようにする、減らす                                                           カラスは主に視覚で食べ物を探します。紙や新聞紙などで覆い、ごみを見えないようにすることで被害を減らすことができます。また、ごみ量を減らすことも対策につながります。

環境省が都会のカラスについてパンフレットを作成しています

カラスの種類や特性など、詳細が記載されています。繁殖期や性質を理解し、各自で対策に務めましょう。

以下のリンクよりご参照ください。

「都会のカラス~その被害と私たちにできること」はこちら(外部サイトに移動します)


よくあるお問合せ

ネットは市から支給してくれるの?

いいえ。現在、市からネット支給(貸与)することは行っておりません。

各家庭や各地域で、対策をお願いしております。

どんなネットがいいの?どこで買えるの?

網目の細かいもので、紫外線カット加工された黄色のものを推奨しております。

ホームセンター等で販売されています。

お願い

ごみが散乱すると、まちの美観を損ない、不衛生なだけでなく収集業務にも支障をきたします。

上記のとおり、カラス対策にご協力をいただきますよう、お願いいたします。

お問合せ

東大阪市 環境部 環境事業課 

電話: 06(4309)3200

ファクス: 06(4309)3829

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問合せフォーム


この記事を見ている人はこんな記事も見ています

カラス対策についてへの別ルート