ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

メニューの終端です。

スポーツみらいアンバサダー

[2019年4月24日]

ID:20809

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

スポーツみらいアンバサダーとは

東大阪市が進めるスポーツを通じたまちづくりと、みらいのトップアスリートをめざす子どもたちを応援するアンバサダーとして、市の魅力発信などにご協力いただきます。

一ノ瀬メイ 選手 (平成31年4月1日)

 パラ水泳選手として2015年から近畿大学体育会水上競技部に所属し、2016年リオデジャネイロパラリンピックでは女子4×100mリレー34ポイントで見事6位入賞を果たされるなど、世界を舞台に活躍する一ノ瀬メイさんに、女性初となるスポーツみらいアンバサダーに就任していただきました。
 一ノ瀬さんは、この春から近畿大学職員となり、新たな環境で活動をスタートされました。4月1日に花園ラグビー場で本市新規採用職員辞令交付式と同時に行われたスポーツみらいアンバサダー就任式では「新規採用された皆さんといっしょに東大阪を盛りあげていけるように、これからもがんばっていきます」と笑顔で抱負を語っていました。

上山友裕 選手 (平成30年10月20日)

 本市出身・在住のパラアーチェリー選手、上山友裕さんは2016年リオデジャネイロパラリンピック男子リカーブ個人7位入賞。インドネシア2018アジアパラ競技大会混合リカーブ銀メダル獲得など数々の輝かしい成績を収められています。
 10月20日のウィルチェアースポーツフェスティバルの中で行われた就任式では、「東大阪市の代表の1人として、東大阪や東京パラリンピックを盛り上げていきたい」と抱負を語り、70m先の風船を見事に割るパフォーマンスで会場を沸かせていました。

三阪洋行 コーチ (平成30年10月14日)

 本市出身でウィルチェアーラグビー日本代表コーチの三阪洋行さんはウィルチェアーラグビーの元日本代表で、2015年にコーチに就任し、2016年パラリンピックリオデジャネイロ大会では銅メダルを獲得。さらに、2018年オーストラリアのシドニーで開催された世界選手権では初優勝の快挙を達成しました。
 10月14日のラグビーのまち東大阪の夕べの中で行われた就任式では、「東大阪がラグビーのまちだという魅力を発信していきたい」と述べ、トークショーとウィルチェアーラグビーの体験会を実施しました。専用の車いす同士のタックルの迫力に、参加者から歓声が上がっていました。

多田修平 選手 (平成29年9月12日)

 本市出身の多田修平選手が2017年世界陸上ロンドン大会男子4×100ⅿリレー決勝に出場し、第1走者として日本チームの銅メダルの獲得に貢献しました。この史上初の快挙により市民に深い感動を与え、スポーツへの関心を高めた栄誉を讃えるため、市長賞詞を贈呈するとともに「スポーツみらいアンバサダー」の第1号に就任していただきました。
 9月12日に行われた式典で市長からスポーツみらいアンバサダーの特大名刺パネルを受け取った多田選手は、スポーツに励む子どもたちに向けて「スランプやけがで落ち込むこともあるが自分の力を信じて取り組んできた。スポーツを楽しむという初心を忘れずにしてもらえれば」とのメッセージを送り、名刺にデザインされたトライくんと一緒に記念撮影もしました。

お問合せ

東大阪市 スポーツのまちづくり戦略室 

電話: 06(4309)3019

ファクス: 06(4309)3847

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問合せフォーム