ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

メニューの終端です。

エイズ・性感染症

[2019年4月1日]

ID:19673

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

HIV・エイズ

目を、そらさないで

エイズとは、HIV(ヒト免疫不全ウイルス)に感染することで引き起こされる病気です。感染経路は、性行為感染、母子感染、血液感染の3つですが、性行為以外の日常生活で感染することはほとんどありません。


感染を予防するには、コンドームを正しく使用すること、不特定多数の相手とセックスしないことが大切です。


エイズは、早期発見・治療で発症を遅らせることができます。
そのためには、エイズ検査を受けて感染の有無を知ることが大切です。少しでも不安があれば、保健センターに相談してください。
検査は無料、匿名で受けられます(証明書発行は行っておりません)。

クラミジア感染症

10代、20代を中心に感染が広がっているSTI(性感染症)です。かかると男性は尿道炎を引き起こしますが、女性は自覚症状がないことが多く不妊の原因となることがあります。性行為により感染しますが、コンドームの正しい使用、不特定多数の相手と無防備なセックスをしないことで感染を防ぐことができます。もしかかってしまったら、自分だけでなくパートナーにも検査をすすめ二人で治療を受けてください。完治しなければ、再び感染したり、させたりする恐れがあります。

梅毒

梅毒は、性行為によって感染するSTI(性感染症)のひとつです。潜伏期間は約3週間。発疹などがあらわれることもありますが、自覚症状のない場合も多くありますので、不安があれば保健センターで血液検査を受けてください。
STIに感染しているとHIVに感染するリスクが約4倍にもなります。感染経路は、HIVと同じ。コンドームの正しい使用、不特定多数の相手と無防備なセックスをしないことで感染を防ぐことができます。

相談・検査

  • すべて匿名・無料で検査を受けることが出来ます。

  • クラミジア感染症の検査は尿検査で行います。検査前1時間は排尿しないようにして、お越しください。
  • 証明書の発行は行いません。
  • 相談は、随時保健センターで受け付けています。

エイズ・性感染症の検査内容、通知方法、日時などの内容

通常検査

【検査の種類】

エイズ抗原抗体検査・クラミジア(病原体)検査・梅毒反応検査


【結果通知】

結果は、1週間後に来所手渡し
(検査時にお渡しする引換証が必要)


【実施場所】
 ・東保健センター
 ・中保健センター
 ・西保健センター


【実施時間】
 9時30分~11時00分


【日程】
 詳細な日程はこちらをご確認ください。



夜間即日検査

夜間即日エイズ抗原抗体検査


【検査の種類】

エイズ抗原抗体検査・クラミジア(病原体)検査・梅毒反応検査


【結果通知】

エイズ抗原抗体検査の結果は即日(ただし、要確認検査となった場合は、1週間後に再来所)

クラミジア(病原体)検査・梅毒反応検査の結果は、1週間後に来所手渡し


【実施場所】
中保健センター


【実施日時】

年2回(6月・12月)
 

エイズ関連情報

お問合せ

東大阪市 健康部   保健所 母子保健・感染症課 

電話: 072(960)3805

ファクス: 072(960)3809

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問合せフォーム