ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

メニューの終端です。

サービス管理責任者の配置に係る経過措置の終了に当たっての留意事項について

[2017年4月3日]

ID:14399

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

サービス管理責任者の配置に係る経過措置の終了に当たっての留意事項について

   多機能型事業所または特定基準該当障害福祉サービス事業所に置くべきサービス管理責任者は、事業の開始の日から起算して三年間は、提供される障害福祉サービスのうち、いずれかに係るサービス管理責任者研修を修了している場合には、提供されるすべての障害福祉サービスの研修修了の要件を満たしているものとみなすという経過措置が設けられています。

   当該経過措置においては、平成24年4月1日より前に事業を開始している場合、認められている特例が今年度末(平成27年3月31日)をもって終了とされているため、経過措置終了後に各サービスに該当する分野のサービス管理責任者研修が修了していない場合は、来年度以降、人員配置基準が満たせていないこととなります。

  つきましては、当該経過措置によりサービス管理責任者を配置している事業所等は、今後実施されますサービス管理責任者等研修の受講をお願いします。

  なお、その他、事業の開始の日から起算して一年間は、サービス管理責任者の研修修了の要件を満たしているものとみなす等猶予されているものについては、従前のとおりです。

 サービス管理責任者研修の実施日程等については、大阪府ホームページをご覧ください。

 

お問合せ

東大阪市役所 福祉部  障害者支援室
電話: 06(4309)3187 ファクス: 06(4309)3813