ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

メニューの終端です。

通知カードの記載事項(住所や氏名など)に変更がある場合

[2019年3月22日]

ID:24342

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

住所や氏名などの通知カードの記載事項に変更があったら

 通知カードをお持ちの方が、お引っ越しや戸籍の届出などの住所や氏名などを変更する届出の際には、通知カードの記載事項の変更が必要です。

 カードの裏面に新しい情報を記載しますので、変更する方全員分の通知カードをお持ちください。

 

 また、上記の届出の際に通知カードをお忘れになった場合など、届出の後日に記載の変更をされる際は、通知カード表面記載事項変更届をお願いいたします。

 カードの裏面に新しい情報を記載いたします。


通知カードの記載事項変更に必要な持ち物

ご本人または同一世帯の方が手続きをされる場合

1.通知カード

2.窓口に来庁される方の本人確認書類(以下の「本人確認書類」を参照ください)


代理人(任意代理人、15歳未満の方の親権者や成年後見人などの法定代理人)が手続きをされる場合

1.通知カード

2.代理人の本人確認書類(以下の「本人確認書類」を参照ください)

3.代理権の確認書類(以下の「代理権の確認書類」を参照ください)


本人確認書類

 本人確認書類は、以下の【A】に該当する書類1点、または、【B】に該当する書類2点が必要です。

 以下の【A】【B】ともに、「氏名及び生年月日」または「氏名及び住所」の記載があるものに限ります。

 複写したものは認められませんので、原本をお持ちください。また、有効期間の定めがある書類については、有効期間内のものに限ります。

 

【A】(官公署から発行・発給された書類で、顔写真の表示のあるもの)

(例)運転免許証、旅券、在留カード、住民基本台帳カード、運転経歴証明書(交付年月日が平成24年4月1日以降のものに限る)、身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳

 

【B】(【A】に該当しない書類のうち、官公署から発行・発給された書類などで、市町村長が適当と認めるもの)

(例)健康保険又は介護保険の被保険者証、各種医療証、各種年金手帳、各種年金証書、民間企業の社員証、学生証、生活保護受給証、被保護証明書、児童扶養手当証書、特別児童扶養手当証書、学校名が記載された各種書類、【A】に該当する書類が更新中の場合に交付される仮証明書や引換証類


代理権の確認書類

・15歳未満の方の親権者

戸籍謄本など

(ただし、本籍が東大阪市の場合またはご本人と親権者の方が同一世帯かつ親子関係である場合は不要)

・成年後見人

登記事項証明書など

・任意代理人

委任状


手続きができる窓口

 東大阪市役所本庁舎や各行政サービスセンター窓口で手続きができます。


 本庁舎へお越しになる場合は、以下の窓口案内もご確認ください。

 ・お引っ越しや、戸籍の届出もする場合

  本庁舎2階市民課

 ・届出の後日、通知カードの表面記載事項変更届のみ行う場合

  本庁舎西隣別館(駐輪場南側)1階マイナンバーカード交付窓口

お問合せ

東大阪市役所 市民生活部 市民室 マイナンバー担当
電話: 06(4309)3163 ファクス: 06(4309)3012

通知カードの記載事項(住所や氏名など)に変更がある場合への別ルート