ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

メニューの終端です。

市民税・府民税特別徴収税額の納期の特例に関する申請について

[2019年5月7日]

ID:18955

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

制度概要

納期の特例は、市民税・府民税の特別徴収義務者で、給与の支払いを受ける従業員等が(東大阪市内、市外を問わず)常時10人未満である場合に、申請により市長の承認を受けることで、特別徴収税額を年2回に分けて納入することができる制度です。

承認申請

納期特例の申請をする場合は下記の申請書に記入のうえ、郵送またはご持参ください。

※市で審査後、その申請が承認された場合は承認通知書を、却下された場合は却下通知書を送付いたします。

却下要件

承認が却下される要件は次のとおりです。

  1. 給与の支払いを受ける従業員等が常時10人未満と認められない場合
  2. 東大阪市税において滞納がある場合
  3. 納期の特例の取消を受けて1年を経過していない場合(上記1のみを理由として取り消された場合を除く)

納入期限

6月から11月までに徴収した税額 → 12月10日までに納入

12月から翌年5月までに徴収した税額 → 翌年6月10日までに納入

※納入期限が日曜日、祝日などの休日や土曜日にあたる場合には、その休日明けの日が納入期限となります。

留意事項

  • 特例の適用を受けようとする月末までに提出してください。
  • この制度は納期に関する特例ですので、従業員の方の給与からは毎月徴収してください。
  • 従業員数が常時10人以上となった場合や、その他の理由で納期特例を取り下げる場合は、速やかに「要件を欠いた等の届出書」を提出してください。
  • 滞納が発生した場合、承認が取り消しとなることがあります。

様式のダウンロード

お問合せ

東大阪市 税務部 納税課 

電話: 06(4309)3147・48

ファクス: 06(4309)3808

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問合せフォーム