ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

メニューの終端です。

長期にわたり療養を必要とする疾病のため定期接種が受けられなかった方へ

[2017年2月26日]

ID:13775

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

定期接種の対象者であった期間に、長期にわたり療養を必要とする疾病にかかったことで、やむを得ずその定期接種を受けることができなかった方について、接種が受けられるようになった後に、定期接種として予防接種が受けられるようになりました。

対象者

次の理由で、定期接種(高齢者インフルエンザを除く)を受けることができなかったと認められる方

1.厚生労働省令で定める疾病にかかった方(対象疾病については保健所母子保健・感染症課または保健センターへお問合せください)

2.臓器の移植を受けた後、免疫の機能を抑制する治療を受けた方

3.医学的知見に基づき、1または2に準ずると認められた方

接種期間

特別の事情がなくなった日から2年(成人用肺炎球菌については1年)を経過するまで

ただし、次の予防接種には年齢の上限があります。

  • 四種混合      15歳未満
  • BCG          4歳未満
  • ヒブ               10歳未満
  • 小児用肺炎球菌  6歳未満

手続き方法

保健所母子保健・感染症課または保健センターまでご連絡ください。

お問合せ

東大阪市 健康部   保健所 母子保健・感染症課 

電話: 072(960)3805

ファクス: 072(960)3809

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問合せフォーム


長期にわたり療養を必要とする疾病のため定期接種が受けられなかった方へへの別ルート