ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

メニューの終端です。

理容所・美容所に関する届出について

[2021年6月18日]

ID:8067

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

理容所・美容所の開設

理容所・美容所を新しく開設するには保健所に開設届を提出し、構造設備について検査を受け、基準に適合しなければなりません。

※開設者を変更する場合は変更届ではなく、新たに開設届又は承継届が必要になります。

また、施設の移転や大規模な増改築を行う場合も新たに開設届が必要になります。

事前にご相談ください。


人的要件

理容師・美容師でなければ理容業・美容業を行うことはできません。
(開設者は、必ずしも理容師・美容師である必要はありません)

理容師・美容師が常時2名以上従事する場合、管理理容師・管理美容師を理容所・美容所ごとに1人置く必要があります。

構造設備基準等

理容所・美容所は他の施設と完全に区分する必要があります。
(理容所・美容所を同一施設内において開設するときは、当該理容所における作業場および待合所と当該美容所におけるこれらに相当する施設とを区分する必要があります。)

また、面積や床・腰板の材質、消毒設備など法律等で定められた基準があります。

開設時に必要な書類等

  • 開設届出書
  • 構造設備概要書(施設平面図、付近見取図含む)
  • 従業員名簿
  • 理容師・美容師免許証の原本とその写し
  • 管理理容師・管理美容師修了証の原本とその写し ※理容師・美容師が常時2名以上従事する場合
  • 理容師・美容師の診断書(1か月以内のもの) ※結核、皮膚疾患にかかっている者でないこと 
  • 住民票の写し(国籍が記載されたもの) ※開設者が外国人の場合
  • 事業譲渡証明書及び事業譲渡に係る保管書類利用同意書(事業譲渡の場合)
  • 事業譲渡に伴う生活衛生営業等関係施設等の申請等に係る確認書(事業譲渡の場合)
  • 手数料 16,000円(現金) (事業譲渡で構造設備の変更がない場合、12,900円)

※詳しくは、環境薬務課までお問合せください。(ページ下部「お問合せ」参照)

※なお事業を譲り受け、既設の施設を引き継ぐ場合には申請書の記載事項や添付書類の一部省略、および手数料の減額を受けられる場合があります。

開設後の届出

開設後、次のような事項が生じた場合、すみやかに保健所へ届出等する必要があります。

開設後の届出等
届出事項 届出書 
施設の構造設備、従事者を変更した場合等変更届 
施設を廃止した場合廃止届 
相続により承継する場合相続地位承継届 
法人の合併または分割により承継する場合合併または分割地位承継届 
検査確認済証の記載事項に変更が生じた場合検査確認済証書換え交付申請書
検査確認済証を紛失、き損した場合検査確認済証再交付申請書 
営業を休止した場合休止届
営業を再開した場合再開届

※詳しくは、環境薬務課までお問合せください。(ページ下部「お問合せ」参照)

届出書等様式

各種様式は申請・届出書のページからダウンロードできます。
理容所申請書等はこちらから
美容所申請書等はこちらから

お問合せ

東大阪市 健康部   保健所 環境薬務課 

電話: 072(960)3804

ファクス: 072(960)3807

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問合せフォーム


この記事を見ている人はこんな記事も見ています

理容所・美容所に関する届出についてへの別ルート