ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

メニューの終端です。

健康教育および健康相談について

[2012年2月29日]

ID:1691

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

(1)健康教育

40才を過ぎると、がんや心臓病・脳卒中などの生活習慣病にかかりやすくなります。
それは、毎日の食事・運動・休養などの生活習慣や喫煙・飲酒が高血圧・高脂血症・糖尿病・脳卒中・心臓病などの発病に大きく関わっているからです。
それらの病気を予防するためには、日ころの生活習慣が大事になってきます。バランスのよい食生活、運動習慣、休養、適正体重を維持し、健康の保持増進につなげましょう。

集団健康教室

集団を対象とした健康教室です。

  • 生活習慣改善教室
  • 糖尿病教室
  • 糖尿病食事学習会
  • 骨粗鬆症予防教室
  • 禁煙教室
  • 中高年女性の健康セミナー
  • リラックスセミナー
  • 男の食と健康講座

実施時期・内容・場所は教室によって異なります。申込み・予約制です。
市政だよりでお知らせしますが、詳しくは、お近くの保健センターにお問合せください。

(2)健康相談

心とからだの健康に関する相談に応じています。

地区健康相談

保健センター・リージョンセンター・公民分館等で健康相談を行っています。
実施日、場所は、毎回の市政だよりでお知らせしています。
詳しくは、お近くの保健センターにお問合せください。

保健センター窓口・電話による健康相談

月曜日~金曜日の午前9時~午後5時30分まで、随時受付けています。

お問合せ

東大阪市 健康部   保健所 健康づくり課 

電話: 072(960)3802

ファクス: 072(960)3809

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問合せフォーム