ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

メニューの終端です。

市民の声の公表(令和3年度)

[2021年11月10日]

ID:31792

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

市では、市民の皆さんから書面でいただいた市政に対する意見や要望を「市民の声」という形で受付したもので、関係課に送付し対応を行っております。 受付したものは、ご本人に回答しておりますが、平成25年4月分よりその情報を広く市民の方と共有するため、個人が特定されないよう配慮したうえで公表することとしました。

市民の声の一覧はこちら

 

別居親の面会交流に関する要望書

ご意見

別居親(親権・監護権の有無を問わず)が東大阪市の保育園・幼稚園・こども園で面会交流することを許可してください。同居親が保育園等面会交流に反対した場合でも、別居親に対して法的根拠のある接見禁止命令が出てない場合は面会を許可してください。東大阪市が「同居親が反対しているから面会は許可できない」という場合、その法的根拠を教えてください。また、別居親の両親(祖父母)が孫と東大阪市の保育園・幼稚園・こども園で面会交流することを許可してください。

回答:保育課・施設指導課・学校教育推進室

保育所・幼稚園・認定こども園については教育・保育を行うという設置の目的があり、その目的のために管理運営を行っています。面会交流は、子どもの健やかな成長のために重要であると考えておりますが、施設での面会交流は、施設の適正な管理運営に支障をきたす可能性があることや、職員への負担等を考慮すると一律に許可をすることは困難であると考えます。民間施設についても同様です。

住宅に関する申立書

ご意見

市営住宅・府営住宅について、福祉世帯枠と高齢者世帯枠の区分を別にして、募集戸数を増やしてほしい。

回答:総務管理課

大阪府営住宅は年間6回募集しています。一方、市営住宅は、例年住宅政策室所管の住宅は年間1回、住宅改良室所管の住宅は年2回の合計3回募集しています。市営住宅の戸数については、平成31年3月改定の東大阪市公営住宅等長寿命化計画の中で、将来的な著しい困窮年収未満の世帯数、低廉な家賃の民間住宅数、将来の市営住宅以外の公的賃貸住宅数から本市の市営住宅の供給管理戸数の目標数を設定して運営しています。市営住宅の入居募集は、住宅政策室所管の住宅の場合年間20戸程度、住宅改良室所管の住宅の場合年間16戸程度となり、公募で入居者を募集しています。大阪府営住宅には、福祉世帯枠の中に高齢者世帯「申込者本人が60歳以上の方で次のいずれかの親族とのみ同居し、又は同居しようとする世帯(配偶者等、18歳未満の児童、60歳以上の方)」があります。東大阪市営住宅では、公募に福祉世帯枠はありませんが公営住宅では入居者募集に応募される方の約8割は大阪府営住宅の福祉世帯枠の基準に該当する方であり、区分を分けるよりも今の募集形態を継続する方が望ましいと判断しております。

お問合せ

東大阪市 市長公室 広報広聴室 市政情報相談課 

電話: 06(4309)3123  06(4309)3104

ファクス: 06(4309)3801 

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問合せフォーム