ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

メニューの終端です。

「介護マーク」をご活用ください

[2021年9月9日]

ID:30775

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

「介護マーク」について

「介護マーク」は、静岡県で考案され、厚生労働省におきましても普及を図っており、本市としましても「介護マーク」の普及・啓発をしてまいります。

「介護マーク」とは

「介護マーク」は認知症などの人を介護する際、周囲の方から誤解や偏見を持たれることがないよう、介護中であることを理解していただくためのマークです。

介護をする人にやさしい社会を実現するため、「介護マーク」を見かけられたら温かく見守ってください。

介護マーク

想定される使用場面

  • 駅やサービスエリアなどのトイレで付き添うとき
  • 介護する方が介護を受ける方の下着を購入するとき
  • 病院で診察室に入る際、一見介助が不要に見えるのに2人で入室する必要があるとき
  • 介護していることを周囲にさりげなく知ってもらいたいとき など

留意事項

本来の目的(介護中であることを周囲に理解してもらうこと)以外には、決して利用しないでください。

参考リンク 画像データについて

厚生労働省

静岡県ホームページ

画像データは以下のファイルを印刷してご活用ください。

お問合せ

東大阪市 福祉部  高齢介護室 高齢介護課 

電話: 06(4309)3185

ファクス: 06(4309)3814

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問合せフォーム