ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

東大阪市

あしあと

    地域未来投資促進法に基づく基本計画の変更

    • [公開日:2019年12月20日]
    • [更新日:2022年7月29日]
    • ID:26231

    ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

     地域未来投資促進法に基づき、大阪府と東大阪市が共同で策定した「大阪府東大阪市基本計画(平成30年3月28日国同意)」の変更について、令和元年12月20日付けで国の同意を得ました。


    変更内容

     基本計画中、5(1)地域の特性及びその活用戦略に、「東大阪市内の花園ラグビー場等のスポーツ施設を活用したスポーツ・観光・まちづくり分野」を追加しました。



    基本計画(変更後)の概要

     東大阪市は、全国でも有数の「モノづくりのまち」であり、製造業が基幹産業です。東大阪市内製造業の中でも製造品出荷額等が多く、事業所数も多い金属製品製造業、プラスチック製品製造業を中心とした企業群の高付加価値化の促進を図ります。あわせて、市内にある4つの大学と市内企業との産学連携の促進により、東大阪市経済を牽引する企業群を創出し、経済の活性化と技術力の向上に取り組み、その効果を隅々まで波及させることを目指します。

     また、花園ラグビー場を有し「ラグビーのまち」として知られる本市では、ラグビーをはじめとするスポーツ全般を地域活性化に有用なツールとして位置付け、国際スポーツ大会を活用した誘客やスポーツ施設が集積する花園中央公園を賑わい創出の拠点とする取組みを推進しています。今後は、既存のスポーツ関連資源の効果的な活用を進めるために民間投資を積極的に誘引し、本市の地域特性を生かしたスポーツ産業(スポーツツーリズム関連産業)の振興を図ります。


    大阪府東大阪市基本計画はこちらをご覧ください。

    Adobe Reader の入手
    PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

    地域未来投資促進法とは

     近年、地域経済の事業環境変化に伴い、産業・雇用の担い手は多様化しており、観光・航空機部品など地域の特性を生かした成長性の高い新たな分野に挑戦する取組みが登場しつつあります。

     地域未来投資促進法では、地域の特性を生かして高い付加価値を創出し、地域の事業者に対する経済的波及効果をおよぼすことにより、地域経済を牽引する事業(「地域経済牽引事業」)を促進するため、国が集中的に支援するとしています。こうした取組み(「地域未来投資」)が全国津々浦々で活発になり、地域経済における稼ぐ力の好循環が実現されるよう、政策資源を集中投入していきます。

     なお、国からの各種支援を受けるためには、市町村及び都道府県が策定した基本計画に基づき、事業者は地域経済牽引事業計画を策定し、都道府県知事への申請、承認を受けることが必要になります。

     地域経済牽引事業に対する国の支援措置は次のとおりです。詳しくは、経済産業省のウェブサイトをご参照ください。

    ・地域未来投資促進法 事業者向けページ(外部サイト)



    法律の詳細については、以下をご覧ください。

    お問い合わせ

    東大阪市都市魅力産業スポーツ部スポーツのまち推進室 花園・スポーツビジネス戦略課

    電話: 06(4309)3019

    ファクス: 06(4309)3849

    電話番号のかけ間違いにご注意ください!

    お問い合わせフォーム