ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

メニューの終端です。

平成30年8月1日 市内の中学生が阪大医学部で体験授業

[2018年8月1日]

ID:23152

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

講義の様子
研究室を見学している様子

 大阪大学吹田キャンパスで、市内の中学生を対象に同大学医学部の研究成果や施設を見学するなどの体験プログラムが行われ、参加した生徒は普段学ぶことのできない医療分野の話に目を輝かせていました。

 市では、平成28年4月に国立大学法人大阪大学大学院医学系研究科および同大学医学部附属病院と、健康・医療分野におけるイノベーションの実現に向けて、連携協定を締結(連携協定についてのページ)。

 この日は、 市内の中学1・2年生とその保護者100組以上の応募から抽選で選ばれた45組が体験プログラムに参加しました。

 はじめに大阪大学の歴史や特徴が担当者から説明されたあと、免疫生物学の講演が行われました。

 その後、生徒と保護者たちは研究室を見学しました。

心音の体験をしている様子
縫合の体験をしている様子

 さらに、心音・呼吸音の聴診の体験実習では、聴診器を使い平常時と肺炎などを患っている際の呼吸音を聞き、わずかな音の違いを体験。外科縫合の体験実習では、実際の医療器具を使用し、模型を使って外科縫合を体験しました。

 参加した生徒は「医療の分野について少し興味がわきました」と感想を話していました。


【前のニュース】  【次のニュース】

お問合せ

東大阪市 市長公室 広報広聴室 広報課 

電話: 06(4309)3102

ファクス: 06(4309)3821

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問合せフォーム