ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

メニューの終端です。

平成30年7月13日 八戸の里老人センターで蘇鉄の花が初めて咲く

[2018年7月13日]

ID:23080

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

蘇鉄と館長
蘇鉄の花

 東大阪アリーナの北側にある八戸の里老人センターで、蘇鉄の花が32年目にして初めて咲きました。

 蘇鉄は裸子植物ソテツ科の常緑低木で、国内では九州南部や沖縄に自生し、高さは10メートル近くになることもあります。雌雄異株で、園芸栽培では10~20年に1度、花を付けることが多いそうです。

 八戸の里老人センターでは、31年前に市民から蘇鉄を譲り受け、敷地内に植えました。当初は大人の膝丈ほどしかなかった蘇鉄が、今では180センチメートル近くまで成長しています。

 同館の館長は「私がここで働きはじめて32年目になりますが、初めて花が咲いているのを見ました。花が咲いているのは非常に珍しいのでぜひ多くの人に見てもらいたい」と話していました。


【前のニュース】  【次のニュース】

お問合せ

東大阪市 市長公室 広報広聴室 広報課 

電話: 06(4309)3102

ファクス: 06(4309)3821

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問合せフォーム