ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

メニューの終端です。

平成30年7月25日 日本の伝統文化“打ち水”で涼を感じる

[2018年7月25日]

ID:23077

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

打ち水を行う市長らとトライくん
打ち水を行う職員ら

 市では、夏場のヒートアイランド現象の緩和や、空調設備への負荷の軽減などを目的に、7月の最終週を打ち水週間として本庁舎周辺で職員らが打ち水活動を行っています。

 25日には野田市長とトライくんのほか、約60人の職員が参加し、雨水と工業用水を入れたバケツやじょうろで庁舎に水をまきました。

 この日は短時間の活動にもかかわらず気温が1度下がり、来庁した人や職員らは伝統文化に涼を感じていました。


【前のニュース】  【次のニュース】

お問合せ

東大阪市 市長公室 広報広聴室 広報課 

電話: 06(4309)3102

ファクス: 06(4309)3821

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問合せフォーム