ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

メニューの終端です。

平成27年12月9日 ラグビー野菜の「秋収穫」に挑戦

[2015年12月9日]

ID:16565

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

ラグビーかぼちゃの写真
ラグビーかぼちゃの写真

 東大阪市花園ラグビー場近くで農業を営む松原功典さんが、20年以上栽培を続けているラグビーボール型のカボチャやスイカを、2019年秋に日本で開催されるラグビーワールドカップ期間中に収穫できるように奮闘しています。

 今回秋の収穫に挑戦したラグビーボール型のカボチャは、水やりや肥料などを工夫しながら育てましたが、気象状況や肥料の量などの問題から花は咲くものの実がならず課題が残る結果になりました。それでも約10個は大きな実になり、ラグビーボールを超える大きさに育ちました。

 松原さんは、「来年にはラグビースイカ・カボチャ・キャベツを10月に収穫できるような栽培技術を確立させ、4年後のワールドカップでは、世界の人に栄養たっぷりのラグビーカボチャのスープをふるまいたい」と話していました。 

【前のニュース】 【次のニュース】

お問合せ

東大阪市 市長公室 広報広聴室 広報課 

電話: 06(4309)3102

ファクス: 06(4309)3821

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問合せフォーム