ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

メニューの終端です。

平成27年10月1日 善根寺春日神社で収穫に感謝するお神酒造り始まる

[2015年10月1日]

ID:16152

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

お神酒づくりの写真
お神酒づくりの写真

 善根寺春日神社で1日、還暦の「宮座」たちによるお神酒造りが始まりました。

 お神酒造りは秋の収穫に感謝する伝統行事として受け継がれ、近年ではその年に還暦を迎える「宮座」と呼ばれる氏子がお神酒造りを行うことから、長寿を祝う行事ともなっています。

 氏子たちは一晩寝かせた酒米を蒸しあげ、冷ましたあと境内の造酒殿内に置かれた酒樽に順次移し、今年の宮座がかき混ぜ仕込みをしていきました。お神酒は13日までの朝晩2回、宮座らがかき混ぜて完成させていきます。

 この日はほかにも、手分けしてしめ縄を編んだり、柳の木で作った祝箸を束ねたりする作業が行われました。

 15日の秋祭りには、還暦を迎えた宮座を祝う神事のあと、約500リットルのお神酒が参拝者に振る舞われます。

【前のニュース】  【次のニュース】

お問合せ

東大阪市 市長公室 広報広聴室 広報課 

電話: 06(4309)3102

ファクス: 06(4309)3821

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問合せフォーム