ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

メニューの終端です。

除却工事補助制度

[2019年4月1日]

ID:15315

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

市では、耐震性が不足している木造住宅の除却工事に対し、除却工事費の一部を補助しています。必ず、事前に申請が必要ですので、工事着手前に、お気軽にお問合せください。

補助対象条件

補助対象建築物

  • 昭和56年5月31日以前に原則として建築確認を受けて建てられたもの
  • 地上3階以下のもの
  • 市内に建っている耐震性の不足している木造住宅
     (一戸建て住宅、長屋住宅、共同住宅または兼用住宅)
  • 次のアまたはイの結果により、耐震性が不足していると判断された木造住宅のすべて(基礎を含む)を除却する工事

    ア 耐震診断の結果、上部構造評点が0.7未満と診断されたもの

    イ 誰でもできるわが家の耐震診断(別サイトに移動します)の結果、7点以下、「心配であり、早めに専門家にみてもらうべき」と診断されたもの

  

 ※ただし、店舗等を兼ねる住宅については、床面積の1/2以上を住宅の用途に使用しているものに限る。

補助対象者

  • 個人所有であること(共有または区分所有者等も含む)
  • 低所得者であること
  • 資産(預貯金及び有価証券の総額)が1,000万円以下であること
  • 固定資産税及び都市計画税を滞納していないこと

  ※低所得者とは補助対象者の属する世帯の月額所得が214,000円以下の方です。 

工事施工者

除却工事を請け負ったもので、建設業法第3条の規定による許可を受けた者または建設工事に係る資材の再資源化等に関する法律(建設リサイクル法)第21条の規定による登録を受けた者。

補助内容

除却工事における補助金額は、次の各号に掲げる額とする。

(1) 戸建て住宅の場合

除却工事に要する費用と400,000円のいずれか低い額とする。ただし、除却工事に要する費用は、7,000円/平方メートル以内とする。

(2) 長屋、共同住宅の場合

除却工事に要する費用と1,000,000円のいずれか低い額とする。ただし、除却工事に要する費用は、7,000円/平方メートル以内とする。

補助申込み

申請をお考えの方は、必ず工事着手前に当課へご相談ください。
(既に工事に着手されているまたは完了している場合は、補助金の交付はできません。)

原則、4月1日から12月末日までが、申請の受付期間となります。

※ただし、受付戸数が予算額に達した場合は受付終了となります。詳しくは当課までお問合せください。

※除却工事の完了報告が、当該申請年度の3月15日までに報告できる工事が補助の対象となります。

お問合せ

東大阪市 建設局 建築部 建築指導室 指導監察課 

電話: 06(4309)3245

ファクス: 06(4309)3829

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問合せフォーム