ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

東大阪市

あしあと

    お家に耐震診断員を派遣します

    • [公開日:2022年3月30日]
    • [更新日:2022年6月7日]
    • ID:5734

    ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます


     市では、一定の要件を満たす木造住宅(一戸建住宅、長屋住宅及び共同住宅)に対し、診断員を派遣し診断する木造住宅耐震診断員派遣制度がございます。

     一戸建住宅(延床面積50平方メートル以上150平方メートル未満)の場合、所有者負担5,000円で耐震診断員を派遣して耐震診断を行います。

    ※一戸建住宅(延床面積が50平方メートル未満及び150平方メートル以上)、長屋住宅及び共同住宅の場合については、下記を参照にしてください。 
     

    一戸建て住宅
    面積診断費用所有者負担費用
    50平方メートル未満1平方メートルあたり1,100円を乗じ
    1,000円未満は切り捨てた額
    診断費用の11分の1で1,000円未満を切り上げた額
    50平方メートル以上
    150平方メートル未満
    55,000円5,000円
    150平方メートル以上55,000円に延べ面積が50平方メートル増加する毎に11,000円を加算した額診断費用から50,000円を差し引いた額
    長屋・共同住宅
    面積診断費用(一戸あたり)所有者負担費用
    25平方メートル未満1平方メートルあたり1,100円を乗じ
    1,000円未満は切り捨てた額
    診断費用の11分の1
    25平方メートル以上
    50平方メートル未満
    27,500円2,500円(一戸あたり)
    50平方メートル以上

    27,500円に延べ面積が25平方メートル増加する毎に5,500円を加算した額

    診断費用の11分の1

    ※所有者負担の合計額は各戸の所有者負担額の合計から1,000円未満を切り上げた額になります。

    対象建築物

    昭和56年5月31日以前に原則として建築確認を受けて市内に建てられた、自己所有の木造住宅(一戸建住宅、長屋住宅及び共同住宅)で地上3階建以下のもの。

    申し込み方法

     申し込みは電話もしくは事前申込票をFAXいただきますようお願いいたします。

    耐震アドバイザー派遣制度

     耐震アドバイザーは、本市の木造住宅耐震診断員派遣制度を利用し、木造戸建住宅の耐震診断を行った方に対し、耐震化の説明や相談、耐震補強のアドバイスなどを無料で行います。(長屋、共同住宅は耐震診断員の派遣を受けることは可能ですが、耐震アドバイザーは対象外です。)

     この制度を利用されると、住まいの専門家である耐震アドバイザーがあなたのお宅に出向き、耐震化に向けた補強方法や費用の概算などの相談に応じます。

     耐震診断は、いわば「住まいの健康診断」。そして耐震改修は、「住まいの治療、手術」です。

     我が家の安全を確かめるためにも、まずは耐震診断を受け、「耐震の専門家」である耐震アドバイザーによる適切なアドバイスを受けましょう。

    お問い合わせ

    東大阪市建築部建築指導室 建築安全課

    電話: 06(4309)3245

    ファクス: 06(4309)3829

    電話番号のかけ間違いにご注意ください!

    お問い合わせフォーム