ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

東大阪市

共通メニューなどをスキップして本文へ

あしあと

    東大阪市学校給食の「地産地消」の取組み

    • [公開日:2021年11月30日]
    • [更新日:2022年2月19日]
    • ID:7838

    ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

    「地産地消」とは「地域生産・地域消費」を略した言葉で、地域で生産された食材を、その地域で消費するという意味です。東大阪市の学校給食では、地域を広く「大阪府内」ととらえ、「地産地消」の取組みを進めていこうとしています。このページでは、東大阪市学校給食での取組みを紹介します。

    東大阪市内産・大阪府内産の農作物について

    大阪府内産の野菜や米、また、市内産の野菜や米も各学校で年1回以上、使用する取組みをすすめています。
    昨年は、市内産の米、もち米、たまねぎ、じゃがいも、大根、小松菜、金時にんじん等を使いました。
    今年も、「地産地消だより」や「予定献立表」では使用した農作物や作ってくれた農家の方を紹介していきます。また、「地産地消だより」は、各小学校へもポスターとして配布しています。

    詳しくは、下記よりご覧ください。

    地産地消のお知らせ(令和3年度)

    大阪府内産の農作物について(年間使用分)

    大阪府内産農作物の使用状況
    導入している献立・食材内容
    玄米入りごはん(玄米)白米に、大阪府内産の玄米を混ぜて(白米70gに対し玄米10g)炊いたごはんを、月に1~2回程度実施しています。
    たけのこ(水煮)年に3回程度使用する予定です。

    フルーツミックス
    (みかん缶詰)

    フルーツミックスは、みかんやパイナップル、ももなどのフルーツの缶詰を使った献立です。缶詰は、すべて国産のフルーツを原料としたもので、みかん缶詰はできる限り、大阪府内産みかんを原料としたものを使用しています。(平成20年度より)

    上記の大阪府内産の農作物は、公益財団法人大阪府学校給食会(外部サイトへ移動します)より、購入しています。

    お問い合わせ

    東大阪市教育委員会事務局学校教育部学校給食課

    電話: 06(4309)3276・77

    ファクス: 06(4309)3867

    電話番号のかけ間違いにご注意ください!

    お問い合わせフォーム