ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

メニューの終端です。

肝炎治療医療費助成について

[2021年8月19日]

ID:5107

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

制度の概要

B型及びC型ウイルス性肝炎・代償性肝硬変、B型非代償性肝硬変の治療を目的としたインターフェロン治療及びインターフェロンフリー治療、核酸アナログ製剤治療費の一部を助成しています。

詳しくは大阪府肝炎治療医療助成をご覧ください。

自己負担上限額

患者様の属する世帯全員の市町村民税(所得割)課税年額の合計額に応じて1か月あたりの自己負担限度額が決定されます。保険適用分の医療費のうち、自己負担上限額を超えて高額療養費の自己負担限度額までの額が助成対象となります。

自己負担限度額

階層区分

月額自己負担限度額

階層区分

20,000円

世帯全員の市町村民税(所得割)課税年額の合計が

235,000円以上の場合

10,000円

世帯全員の市町村民税(所得割)課税年額の合計が

235,000円未満の場合

申請窓口

申請窓口は 東・中・西保健センターです。

こちらで、制度の詳細についてのしおり、申請書、診断書等を配布しています。

お問合せ

東大阪市 健康部   保健所 健康づくり課 

電話: 072(960)3802

ファクス: 072(970)5821

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問合せフォーム