ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

メニューの終端です。

買取申出制度

[2021年8月23日]

ID:2793

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

買取申出制度とは?

 生産緑地は農地等として管理することが義務づけられていますが、土地所有者の権利救済の観点から次の場合、市長に対して買取申出ができます。

  1. 生産緑地地区に指定されてから、30年を経過したとき。
  2. 「農業等の主たる従事者」が亡くなったり、農林漁業に従事することを不可能にさせる故障を有することとなった場合。

買取申出すると

  1. 特別の事情がない限り市長が時価で買い取ることになります。
  2. 市長が買い取らない場合でも、他の農林漁業従事者へのあっせんに努めます。
  3. あっせん不調の場合には、申出の日から3か月を経過すると、行為制限が解除されます。
買取り申出の手続き流れ図です。詳しくは都市計画室までご連絡を。

買取申出の提出書類

農林漁業に従事することを不可能にさせる故障について

生産緑地の買取申出の理由が、農林漁業の主たる従事者の故障による場合は、以下の文書をご確認ください。

お問合せ

東大阪市 都市計画室 

電話: 06(4309)3211

ファクス: 06(4309)3831

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問合せフォーム


買取申出制度への別ルート