ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

メニューの終端です。

連続立体交差事業

[2018年3月30日]

ID:2080

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

連続立体交差事業とは

 連続立体交差事業とは、鉄道の一定区間を高架化または地下化する事業で、鉄道を高架化することにより多くの踏切を除去し、道路との立体交差化を一挙に実現するもので、都市計画事業として実施しています。

 東大阪市では、街路事業として大阪府が事業主体となり、近畿日本鉄道奈良線連続立体交差事業を実施しています。

事業効果

連続立体交差事業を実施することで、以下のような事業効果があります。


●鉄道により分断された市街地の一体化

街の分断解消

街の分断が解消され市街地の一体化が図られます。
*画像をクリックすると拡大版が表示されます。


●踏切遮断による交通渋滞および踏切事故の解消

●高架下の新たな空間利用

駅周辺の整備・踏切除却

 高架下空間の有効利用と、駅周辺の整備により街づくりが促進されます。
 踏切が除却されるため、踏切事故がなくなり、人や車の流れがスムーズになります。
*画像をクリックすると拡大版が表示されます。



●地域環境の向上

関連側道の整備

 関連側道の整備により、地域の生活環境および利便性が向上します。
*画像をクリックすると拡大版が表示されます。




連続立体交差事業関連サイト

お問合せ

東大阪市 交通戦略室 

電話: 06(4309)3216

ファクス: 06(4309)3831

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問合せフォーム