ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

東大阪市

あしあと

    下水道管きょ更生工事及び下水道管きょ改築工事における入札参加条件の見直しについて

    • [公開日:2021年4月1日]
    • [更新日:2021年4月1日]
    • ID:29966

    ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

    下水道管きょ更生工事及び下水道管きょ改築工事における入札参加条件の見直しについて

    ※管きょ改築工事:管きょ更生工事と開削工事等を複合した工事

     本市においては、近年下水道管きょ更生工事及び下水道管きょ改築工事の発注が増加する傾向にあります。次年度以降も同様にその傾向は続く見込みであることから、品質を確保し工事を確実に履行するため、日本下水道協会が2017年に改定した「管きょ更生工法における設計・施工管理ガイドライン」をもとに、次の通り入札参加条件を見直す予定です。

    入札参加条件の見直し

    (1)技術者の資格条件について

      現状、配置技術者の要件として、(公財)日本下水道新技術機構の技術審査証明を受けた工法協会が実施する技能講習を修了した者を主任(監理)技術者として配置可能であれば入札参加可能としております。

     今回の見直しにおいて、施工管理及び品質確保の観点から、配置技術者に対し以下のいずれかの資格を必須条件といたします


    • 下水道管路更生管理技士【一般社団法人 日本管路更生工法品質確保協会】
    • 下水道管路管理専門技士(修繕・改築部門)【公益社団法人 日本下水道管路管理業協会】
    • 下水道管きょ更生施工管理技士【一般社団法人 日本管更生技術協会】

    (2)工法協会の会員証について

     現状、(公財)日本下水道新技術機構の技術審査証明を受けた工法(対象工事の施工に適したものに限る)の協会に加入していることを条件としており、協会の会員証をご提示いただいておりました。

     今回の見直しにおいて、上記資格を有する技術者は管きょ更生工事に関する施工管理や安全管理等の必要な知識を備えており、品質は確保されていると考え、協会の会員証については入札参加条件として求めないものといたします。

    適用時期

     技術者の資格取得に係る準備期間として、令和3年度~令和4年度の間は現状の入札参加条件のまま据え置きとし、令和5年度より公告を行う案件から当該入札参加条件を適用する予定としております

     適用を開始する際には改めて正式な通知をいたします。


    工事の施工にあたって

     下水道管きょ更生工事及び下水道管きょ改築工事の施工にあたっては、(公財)日本下水道新技術機構の技術審査証明を受けた工法を用いる必要があります。その他工事の条件については、特記仕様書等をご確認いただいた上で入札にご参加ください。

    お問い合わせ

    東大阪市上下水道局下水道部下水道総務室 総務契約課

    電話: 06(4309)3246

    ファクス: 06(4309)3827

    電話番号のかけ間違いにご注意ください!

    お問い合わせフォーム