ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

メニューの終端です。

令和元年12月23日 日本の伝統文化に触れる 北宮小学校で狂言教室

[2019年12月23日]

ID:26309

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

レクチャーする網谷さん
狂言を実践する児童
狂言が披露される様子
狂言を観劇する児童

 日本の伝統文化である「狂言」を小学生に体験してもらう出前授業が北宮小学校で行われました。

 この日は大蔵流狂言師の網谷正美さんを講師に迎え、5年生90人に狂言の基礎となる立ち居振る舞いをレクチャー。「そろり そろり」と歩く「すり足」や、全身を使って感情を表す狂言独特の笑い方や泣き方に、児童たちは興味津々にチャレンジしていました。また、狂言「柿山伏」も披露され、網谷さんらが演じる滑稽な姿に、児童からは歓声や笑い声があがっていました。

 参加した児童は「初めて狂言を見て、日本の伝統はすばらしいなと思った。日本人は知っておかなければいけないものだと思うので、いろんな人に受け継いでいきたいです」と話し、日本の伝統にふれるひと時を楽しんでいました。

 

【前のニュース】  【次のニュース】

お問合せ

東大阪市 市長公室 広報広聴室 広報課 

電話: 06(4309)3102

ファクス: 06(4309)3821

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問合せフォーム