ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

メニューの終端です。

令和元年10月4日 フィジー・サモア・トンガの中学生が市内の中学校を訪問

[2019年10月4日]

ID:25977

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

式典の様子
式典
書道の授業の様子
生徒と触れ合う様子

 「2019年ラグビーワールドカップ普及啓発事業」の国際交流プログラムでフィジー・サモア・トンガの中学生らが4日と7日、上小阪中学校と小阪中学校を訪問しました。

 これはタグラグビーなどを活用し、中学生をはじめ多くの世代にラグビー競技を普及・啓発するとともに、競技を通じた国際交流を促進しようとスポーツ庁が行っているものです。

 歓迎セレモニーではそれぞれの国の中学生が自国の民族舞踊を披露し、運動場ではタグラグビーを一緒にプレーしました。また、3か国の学生たちはそれぞれのクラスに分かれて日本の中学校の授業を体験。書道や柔道を体験するなど、日本の文化を体感していました。

 生まれ育った国や文化は違っても、心の交流が生まれていました。


【前のニュース】  【次のニュース】

お問合せ

東大阪市 市長公室 広報広聴室 広報課 

電話: 06(4309)3102

ファクス: 06(4309)3821

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問合せフォーム