ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

メニューの終端です。

令和元年10月5日 「日本vサモア」戦 布施でパブリックビューイング

[2019年10月5日]

ID:25974

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

盛り上がる観客と市長
盛り上がる観客ら
登壇して話す木津選手ら
サモアの学生ら

 ラグビーワールドカップ2019™日本大会「日本代表vサモア代表」戦のパブリックビューイングが、クレアホール・ふせで行われました。

 日本代表の勇姿を見届けようと多くの人が集まった会場には、ラグビー元日本代表で本市出身の木津武士選手らが登場し、試合の生解説が行われました。

 また、スポーツ庁の国際交流プログラムで東大阪市に滞在していたサモアの中学生も来場し、それぞれのファンが自国だけでなく、相手国に点数が入っても拍手や歓声を送り、まさに会場が「一つ」となって盛り上がりました。

 結果は日本代表が38対19でサモア代表を破り、貴重なボーナスポイント1点を含めた勝点5点を獲得しました。

 

【前のニュース】  【次のニュース】

お問合せ

東大阪市 市長公室 広報広聴室 広報課 

電話: 06(4309)3102

ファクス: 06(4309)3821

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問合せフォーム