ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

メニューの終端です。

令和元年9月26日 アルゼンチン代表が長瀬中学校を訪問

[2019年9月26日]

ID:25899

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

生徒に迎えられるアルゼンチン代表
琴の演奏でもてなし
福笑いを体験する選手ら
全体写真

 ラグビーワールドカップ2019™日本大会に出場しているアルゼンチン代表チームが長瀬中学校を訪問しました。

 代表チームが到着すると、生徒全員によるアルゼンチン国家の斉唱と日本の文化を知ってもらおうと琴の演奏でおもてなしが行われました。

 また、生徒会からはお手玉やけん玉、福笑いなどが紹介され、アルゼンチン代表選手も交じり、日本の昔ながらの遊びを楽しみました。

 アルゼンチン代表からはラグビーのデモンストレーションが行われ、参加した長瀬中学校のラグビー部員たちは世界で活躍する選手らと肌で交わり、貴重な体験を満喫していました。

 最後に代表選手らは全校生徒が夏休みに折鶴で作った絵をプレゼントされ、国は違っても、温かい心の交流が生まれていました。

 

【前のニュース】  【次のニュース】

お問合せ

東大阪市 市長公室 広報広聴室 広報課 

電話: 06(4309)3102

ファクス: 06(4309)3821

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問合せフォーム