ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

メニューの終端です。

東大阪市みんなでトライする手話言語推進条例を制定しました

[2019年4月3日]

ID:22549

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

東大阪市みんなでトライする手話言語推進条例について

手話は、日本語を手の動きで置き換えたものではなく、独立した一つの言語です。そして、手話を必要とする人(ろう者)が社会で自立して、自分らしく生活していくために、必要不可欠なものです。しかし、かつて学校教育の場では、手話は禁止され、聴覚障害の子どもが通うろう学校でも、口の形をまねて声を出す口話法による教育が中心で、手話を使う人はさまざまな偏見や差別の対象となり、社会に出て、人とコミュニケーションをとったり、必要な情報を得ることができず、孤独で不自由な暮らしをしなければなりませんでした。


1960年代から、手話に関する研究が進められ、次第に手話がひとつの言語として認められるようになりました。スウェーデンで手話が公用語となったことを契機に、複数の国で手話が言語として扱われるようになり、そうした国際的な流れの中で、平成18年に国連で採択された「障害者の権利に関する条約」において、手話が「言語」として定義され、また日本が条約の締結に向けて国内法の整備を進める中、平成23年8月に改正された「障害者基本法」においても、「言語」には「手話を含む」と明記されました。


本市では、昭和49年から手話通訳員を福祉事務所に設置し、また市民を対象とした手話教室の開催をきっかけに、手話サークルが結成され、ろう者と市民の間で手話による会話が可能な場が誕生しました。昭和58年からは手話通訳者登録派遣制度がスタートし、聴覚障害者へのさらなる支援を行ってきました。


しかし、手話は言語であるという認識や、ろう者への理解が十分に広まっているとは言えず、ろう者が手話を通じて自由にコミュニケーションを図ったり、自分らしく生きられる社会の実現には至っていません。そのため、すべての市民が手話や「ろう者」に対する理解を深めるとともに、障害の有無に関わらず、共に支えあいながら安心して暮らせる東大阪市を目指して、東大阪市みんなでトライする手話言語推進条例を制定しました。


条例本文および解説

東大阪市みんなでトライする手話言語推進条例本文

条例解説

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問合せ

東大阪市 福祉部  障害者支援室 障害施策推進課 

電話: 06(4309)3183

ファクス: 06(4309)3813

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問合せフォーム


東大阪市みんなでトライする手話言語推進条例を制定しましたへの別ルート