ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

メニューの終端です。

平成29年8月24日 「聖地花園」の思い出を全国各地の高校へ

[2017年8月24日]

ID:20562

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

椅子の写真
両校代表者と市長の集合写真
市長と阿藤さん
市長と金城顧問

 現在改修中の市花園ラグビー場で使用されていたVIP席の椅子を譲渡する式典が24日、市役所で行われました。

 この取り組みは花園ラグビー場の改修工事で撤去された椅子を再利用してもらうことで、学生ラガーに「聖地花園」を身近に感じてもらうとともに、ラグビーのまち東大阪をPRしようと、(一社)東大阪ツーリズム振興機構が7月24日から8月9日までウェブサイトで譲渡先を募集し、行われたものです。この日、市長は「それぞれの地で花園の精神を受け継いでください」とあいさつし、2校に5つずつが譲渡されました。

 椅子を受け取った沖縄県立読谷(よみたん)高校ラグビー部1期生の阿藤政己さんは「沖縄にはじめて建てられたラグビー専用施設に設置したい」と述べ、三重県立朝明(あさけ)高校ラグビー部顧問金城学さんも「グラウンドの傍に設置し、多くの人に花園の雰囲気を味わってもらいたい」と話していました。



  【前のニュース】  【次のニュース】

お問合せ

東大阪市 市長公室 広報広聴室 広報課 

電話: 06(4309)3102

ファクス: 06(4309)3821

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問合せフォーム