ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

メニューの終端です。

ラグビーワールドカップ2019に向けてテロ対処訓練

[2016年10月31日]

ID:18268

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

 平成28年10月29日(土曜日)、「ラグビーワールドカップ開催中の東大阪市花園ラグビー場で化学物質や爆発物を使った大規模テロが発生し、多くの負傷者が発生した。」との想定で訓練を実施しました。
訓練の全景

関係機関と連携

 この訓練は、ワールドカップ開催地である本市消防局の車両16台、職員138名に加え、大阪市消防局や大阪府東部の消防本部応援部隊の車両12台44名も参加し、合同で災害対応を行いました。

 また、消防機関だけではなく大阪府、警察機関、DMAT(災害時医療支援チーム)なども出動し、関係機関相互の連携も確認しました。

訓練の状況

 訓練開始と同時に、建物内では化学物質の中毒と思われる負傷者が、また、別の場所では爆発により横たわる負傷者や、がれきの下敷きになっている負傷者が多数いるとの状況で、消防と関係機関が連携を取りながら、本番さながらの活動を繰り広げました。

爆発現場の写真
防護服着装状況の写真
負傷者搬送状況の写真
救出状況の写真
トリアージ実施状況の写真
化学物質テロ現場救出状況
除染シャワー搬送状況
除染実施状況
DMAT活動状況
指揮本部活動状況
 訓練参加者は、ラグビーワルドカップ2019に向けて「あらゆる災害に対処する」という重要な役割を再確認し訓練を終えました。

お問合せ

東大阪市消防局 警防部警備課
電話: 072(966)9664

ラグビーワールドカップ2019に向けてテロ対処訓練への別ルート