ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

メニューの終端です。

平成27年11月10日 総合病院・中河内救命救急センターで合同訓練

[2015年11月10日]

ID:16400

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

合同訓練の写真
合同訓練の写真

 大規模災害を想定した患者の受入れ合同訓練が、市立総合病院と府立中河内救命救急センターで行われ、いざというときにとるべき行動を確認しました。

 この訓練は、地域災害拠点病院に指定され、隣接している両病院が、日ごろから合同で訓練を行うことで、災害発生時の被害を最小限に食い止めようと毎年度開催しています。

 訓練には、両病院の医師や看護師など80人に加え、患者役として研修医ら40人が参加。災害の規模や当日の役割などは参加者には事前に伝えず、本番さながらの環境で訓練がスタートしました。参加した医師や看護師らは指揮所でトリアージ班や搬送班、重症度別の治療班などに振り分けられ、患者の搬送や処置を行い、終始真剣な表情で災害発生時の行動を一つひとつ再確認していました。

【前のニュース】 【次のニュース】

お問合せ

東大阪市 市長公室 広報広聴室 広報課 

電話: 06(4309)3102

ファクス: 06(4309)3821

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問合せフォーム