ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

メニューの終端です。

平成27年5月2日 市民美術センターで宮本順三さん生誕100年記念絵画展

[2015年5月2日]

ID:15253

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

宮本順三絵画展の写真
宮本順三絵画展の写真

 グリコのおまけ担当として活躍したおもちゃデザイナーであり、洋画家としてもその名を馳せた宮本順三さんの生誕100年を記念した絵画展が、市民美術センターで5月24日まで開催されています。月曜日休館で入館無料。

 “ZUNZO”の愛称で現在も親しまれる宮本順三さん(1915年~2004年)は、10歳から生涯にわたって東大阪市に在住し、事業・芸術活動の拠点とされていました。また宮本さんは、世界80か国以上を訪れ、遺跡、祭り、人物、風景の油彩画・スケッチ作品などを多数遺され、世界のさまざまな民族の「祭りと踊り」を描くことを好まれました。今回の展示では、それらの絵画の作品の中からフランスの都市ルーアンの祭りを描いた油彩画「大帆船祭り」をはじめ、約70点を紹介しています。

【前のニュース】  【次のニュース】

お問合せ

東大阪市 市長公室 広報広聴室 広報課 

電話: 06(4309)3102

ファクス: 06(4309)3821

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問合せフォーム