ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

東大阪市

あしあと

    貯水槽水道の維持管理について

    • [公開日:2022年2月27日]
    • [更新日:2022年2月27日]
    • ID:8445

    ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

    貯水槽水道設置者の責務

    貯水槽は、日々使用することで、錆などにより徐々に汚れていきます。また、設備の破損や不備などがあると、外部からの汚染を受けることになります。

    貯水槽水道設置者は、貯水槽を良好な状態に保つために適切な維持管理に努めてください。特に地震・台風・大雨等の後は槽本体や周囲に異常がないか点検してください。




    貯水槽汚染の例
    ふたが開いていて、ゴミや薬品が混入した。
    防虫網が破れて、虫やねずみが侵入した。
    給水管が老朽化して鉄錆が発生している。

    簡易専用水道の維持管理について

    簡易専用水道の設置者は、次の維持管理についての措置が義務付けられています。

    1. 毎年1回以上定期的に貯水槽の清掃を行うこと
    2. 水が汚染されるおそれの無いように、水槽などの点検を行うこと
    3. 水質に異常が認められたときは、水質検査を行うこと
    4. 供給する水が人の健康を害する可能性があるときは、給水を停止し、水の使用が危険であることを周知すること

    簡易専用水道の法定検査について

    簡易専用水道の設置者は、毎年1回以上、定期的に水道法で定められた検査を受けることが義務付けられています。

    この法定検査は、厚生労働省の登録を受けた検査機関で受けなければなりません。

    なお、最新の登録情報については、厚生労働省のホームページをご参照ください。

    厚生労働省大臣登録簡易専用水道検査機関について(厚生労働省ホームページ)(外部サイトへ移動します)

    東大阪市内を検査区域とする厚生労働大臣の登録を受けた検査機関

    Adobe Reader の入手
    PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

    小規模貯水槽水道の維持管理について

    小規模貯水槽水道とは受水槽の有効容量が10立法メートル(10トン)以下の水道施設です。

    小規模貯水槽水道の維持管理については、法令による義務付けはありませんが、飲み水を貯めている水槽になるので、設置者は簡易専用水道に準じて清掃を実施するなど適切な維持管理に努めてください。

    お問い合わせ

    東大阪市健康部保健所 環境薬務課

    電話: 072(960)3804

    ファクス: 072(960)3807

    電話番号のかけ間違いにご注意ください!

    お問い合わせフォーム