ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

メニューの終端です。

東大阪市連携6大学公開講座

[2021年12月17日]

ID:7969

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

東大阪市連携6大学公開講座とは

  • 生涯学習ニーズが多様化し、その具体的な活動も多岐にわたってきている中、本市にある4大学(大阪商業大学・近畿大学・大阪樟蔭女子大学・東大阪大学)及び近隣2大学(大阪産業大学・大阪経済法科大学)の計6大学と連携し、各大学の異なる学風や研究成果をひとまとめにし、市民生活や地域活動に直結するテーマを取り上げます。
  • 皆さんは東大阪のことがお好きですか?ラグビーワールドカップ大会で脚光を浴びたこのまちは、モノづくり以外にも、まだまだ我々の知らない楽しく・誇れるまちであることに気づいてほしいのです。今回の公開市民講座は、「意外と楽しいまちなんです!~東大阪の歴史をふりかえり、みんなが希望の持てる都市へ~」を共通テーマに掲げ、6大学の精鋭人気講師陣が、新しい時代の生き方について分かりやすく解き明かし、道しるべをお示しいたします。皆さん、一緒に学びましょう!

    主催:東大阪市教育委員会

    共催:大阪経済法科大学・大阪産業大学・大阪樟蔭女子大学・大阪商業大学・近畿大学・東大阪大学(50音順)

講座内容

A講座 大阪経済法科大学
開催日時 令和4年2月1日(火曜日)14時~15時30分 
 講師(敬称略) 国際学部 教授 伍 躍
講座内容

 周知のように、2024年に登場する予定の新しい1万円札の「顔」は渋沢栄一です。その渋沢栄一は自らの著書『論語と算盤』

の中で、『論語には己を修め人に交わる日常の教えが説いてある。論語は最も欠点の少ない教訓である』と指摘しています。

『論語』とはどのような書物、いつの時代に生まれたか、そして河内の地との関連について、探っていきます。

B講座 HOS株式会社
開催日時 令和4年2月2日(水曜日)14時~14時20分 
 講師(敬称略)HOS小阪フィットネスクラブ 松田 大亮
講座内容

室内外の寒暖差や空気の乾燥で喉・鼻の粘膜が乾き、ウイルスや細菌が侵入しやすくなります。免疫力を

高めるには、十分な栄養や休養に加え適度な運動習慣が大切。自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介いたします。

補足事項

 ※B講座については、HOS株式会社と東大阪大学で1講座となります。

B講座 東大阪大学
開催日時 令和4年2月2日(水曜日)14時30分~16時
 講師(敬称略) こども学部 国際教養こども学科  講師 山本 緑
講座内容

 インド神話や叙事詩に登場するヒンドゥーの神々の物語について美術作品を鑑賞しながら紹介します。

補足事項

※B講座については、HOS株式会社と東大阪大学で1講座となります。

C講座 大阪樟蔭女子大学
開催日時 令和4年2月3日(木曜日)14時~15時30分 
 講師(敬称略) 健康栄養学部 健康栄養学科  教授  三善 陽子
講座内容

 「子育て」がひと段落してホッと一息つく暇もなく、「孫育て」に駆り出されていませんか?子どもを取り巻く

生活環境は大きく変化しています。いまどきの子どもの健康問題について、小児科医の立場から紹介させていただきます。

D講座 大阪産業大学
開催日時 令和4年2月4日(金曜日)14時~15時30分 
 講師(敬称略) デザイン工学部 建築・環境デザイン学科  准教授 松本 裕
講座内容

 東大阪市の位置する河内エリアでは、生駒山麓に拡がる自然環境や旧村落に、大阪市から郊外へと押し寄せる近代化の

波が重なり、都市空間的に特徴のある干渉や共振が生じてきました。本講座では特に、条里制、湿地の耕地化、新田開発、

区画整理といった土地利用の変遷を中心に、産業都市の成り立ちを振り返ります。その上で、海外都市の事例とも比較しな

がら、東大阪市の魅力、課題、可能性について、一緒に考えたいと思います。

E講座 近畿大学
開催日時 令和4年2月5日(土曜日)14時~15時30分 
 講師(敬称略)文芸学部 教授 網 伸也
講座内容

 日本古代の国家形成において、重要な役割を果たした遣唐使。河内直鯨をはじめ、激動の時代を遣唐使として

渡海した河内人の故郷に焦点をあて、彼らの活躍の軌跡を追いかけてみたいと思います。

F講座 大阪商業大学
開催日時 令和4年2月6日(日曜日)14時~15時30分 
 講師(敬称略) 経済学部/大学院 地域政策学研究科 教授  石上 敏
講座内容

 日本、そして世界の歴史が少しでも違っていれば、どんな東大阪が存在しただろうか。古代から近代に至る史実の

中に、東大阪の隠れた歴史とその可能性を探り当て、これから進むべき未来へのヒントを読み取っていきたいと思います。

※くわしくは、関係資料の「令和3年度 東大阪市連携6大学公開講座チラシ」をご覧ください。

料金

受講料はA~F講座いずれも無料です。

募集人数

A~F講座いずれも80名(ただし、新型コロナウイルス感染拡大状況により定員数を変更する場合があります)

※B講座については、HOS株式会社と東大阪大学で1講座となります。


持ち物

  • 受講票
  • 筆記用具

開催場所

東大阪市立男女共同参画センター・イコーラム

〒578-0941 東大阪市岩田町4-3-22-600

希来里(きらり)ビル 施設棟6F

お願い(注意事項)

             【新型コロナウイルス感染症の予防にご協力ください!】

・新型コロナウイルス感染拡大の影響に伴い、急遽、定員数を変更、講座を中止する場合がありますので、ご了承ください。中止した場合は速やかに本市ウェブサイトに掲載しますので、ご確認願います。

➡【重要】講座開始前日の2月1日(火曜日)までに、「すでに受講票が当センターより郵送で届いた方」におかれましては、必ず、2月1日(火曜日)時点 本市ウェブサイトにて、”事業中止になっていないか”ご確認願います。

・過去2週間以内に感染が拡大している国・地域への訪問歴がある方は受講いただけません。

・施設内では必ずマスクをご着用ください。ご着用いただけない方については、入場をお断りさせていただきます。

申込方法

次の1,2のいずれかの方法にて令和4年1月22日(土曜日)までにお申し込みください。(メールによるお申し込みはできません。)

各講座とも定員に到達次第、受付を終了します。

1.往復ハガキ

「講演テーマの記号(A~F)[複数講座の受講希望可]」、「氏名(ふりがな)」、「住所」、「年齢」、「性別」、「電話連絡先(携帯電話番号も)」を明記の上、社会教育センターにご郵送ください。

後日、返信ハガキを受講票としてお送りいたします。

2.市ウェブサイト

申し込み専用フォームよりお申し込みください。(こちらをクリックしてください)

後日、受講票をお送りいたします。

申し込み先

東大阪市立社会教育センター「東大阪市連携6大学公開講座」担当

住所:〒577-0056 東大阪市長堂一丁目17番29号

電話番号:06-6789-4100 ファクス:06-6789-5212


関係資料

令和3年度 東大阪市連携6大学公開講座チラシ

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問合せ

東大阪市 教育委員会事務局社会教育部 社会教育センター 

電話: 06(6789)4100

ファクス: 06(6789)5212

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問合せフォーム