ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

メニューの終端です。

令和元年11月27日 角田総合老人センターで干支の陶芸教室

[2019年11月27日]

ID:26222

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

教室の様子
作業の様子
粘土に耳などのパーツを描く様子
出来上がったねずみの置物

 角田総合老人センターで陶芸教室が開かれました。

 この日は陶芸初心者や陶芸クラブのメンバーが集まり、来年の干支であるネズミの置物を作りました。

 参加者は、講師から教えてもらいながら粘土でネズミの胴体や目、耳などのパーツを作りました。

 およそ2時間かけて表情豊かな世界に一つだけのネズミの置物が完成。作品は、施設内の釜で仕上げが行われ、12月末頃に参加者に手渡される予定です。

 

【前のニュース】  【次のニュース】

お問合せ

東大阪市 市長公室 広報広聴室 広報課 

電話: 06(4309)3102

ファクス: 06(4309)3821

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問合せフォーム