ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

メニューの終端です。

平成29年2月28日 災害拠点病院で大規模災害時患者受け入れ合同訓練

[2017年02月28日]

ID:19165

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

病院の訓練の写真(1)
病院の写真(2)

 昨年10月に地方独立行政法人に移行した市立東大阪医療センターと同センターに隣接する大阪府立中河内救命救急センターで、大規模災害を想定した患者受入訓練が行われ、医師や看護師など約100名が参加しました。

 この訓練は、地域災害医療センターとして指定されている両センターが、救命率の向上を図ることなどを目的に平成23年度から毎年度開催しています。

 この日の訓練は、観光バスを含む複数台による交通事故が市内の幹線道路で発生し、負傷者が多数発生しているとの想定で実施。訓練参加者はトリアージ部門や仮設病棟部門などに振り分けられ、トランシーバーで各部門と連携を取りあいながら緊迫した面持ちで訓練にあたっていました。

【前のニュース】  【次のニュース】

お問合せ

東大阪市 市長公室 広報広聴室 広報課 

電話: 06(4309)3102

ファクス: 06(4309)3821

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問合せフォーム