ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

メニューの終端です。

ハカマオニゲシとオニゲシの比較

[2012年2月29日]

ID:2158

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

ハカマオニゲシ (植えてはいけないけし)

全体

ハカマオニゲシの全体

・初夏に、径10cmの鮮やかな深紅の大きな花を咲かせる
・草丈は60cmから100cm
・葉や茎全体が白く硬い毛で覆われている
・葉は濃緑色で、鳥の羽のような形に深く切れ込んでいる
・地面に近い部分の葉(根出葉)は蜜についており、長い柄(葉柄)があり、長さは柄を含め20cmから25cm

ハカマ(苞葉)

ハカマオニゲシのハカマ

・花びらのすぐ真下に4枚から6枚のハカマ(苞葉)がある
・花びらの基部に黒紫の鮮明な斑点がある

つぼみ

ハカマオニゲシのつぼみ

・つぼみの表面には、硬く伏した(寝た)毛が多数ついている

ハカマオニゲシの花

・花びらは4枚から6枚

オニゲシ (植えてもよいけし)

全体

オニゲシの全体

・初夏に、径10cmの橙色から朱色の大きな花を咲かせる
・草丈は50cmから100cm
・葉や茎全体が白く硬い毛で覆われている
・葉は濃緑色で、鳥の羽のような形に深く切れ込んでいる
・ハカマオニゲシに比べ、葉色は黄色味がかり、葉の幅は広い傾向がある

ハカマ(苞葉)

オニゲシのハカマ

・花びらのすぐ真下に1枚から4枚くらいのハカマ(苞葉)がつくものがある
・花びらの基部に黒紫色の斑点があるものとないものがある

つぼみ

オニゲシのつぼみ

・つぼみの表面には、直立した毛が多数ついている

オニゲシの花

・花びらは4枚から6枚

※ハカマオニゲシとオニゲシは、外観が非常に良く似ています。
ハカマオニゲシの「鮮やかな深紅の花の色」、「花びらの基部に存在する鮮明ではっきりした黒紫の斑点」、「つぼみの表面の伏した(寝た)硬い毛(オニゲシの毛は直立している傾向がある)」は、両種の植物を見分ける手がかりです。
※ハカマオニゲシは、「オニゲシ」あるいは「オリエンタルポピー」の名で園芸用に出回ることがありますので、注意が必要です。

 

厚生労働省「大麻・けしの見分け方」より

お問合せ

東大阪市 健康部   保健所 環境薬務課 

電話: 072(960)3804

ファクス: 072(960)3807

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問合せフォーム