ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

メニューの終端です。

パンフレット“災害時に必要な「水・食」”を作りました

[2017年2月26日]

ID:16598

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

いつ来るかわからない災害への備えは十分ですか?

災害時にはライフラインや食品流通が停止し、水や食料が届かなくなることがあるため、最低3日分の水や食料の備蓄が必要です。災害時は体力や免疫力が低下しやすいので、体調不良になりがちです。災害時でも健康で過ごすために栄養や衛生面のポイントも載せた備蓄に関するパンフレットを作成しましたので、ご活用ください。


Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

保健所、保健センター、市役所本庁1階や行政サービスセンターでも配布しています。

お問合せ

東大阪市 健康部   保健所 健康づくり課 

電話: 072(960)3802

ファクス: 072(960)3809

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問合せフォーム


パンフレット“災害時に必要な「水・食」”を作りましたへの別ルート