ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

メニューの終端です。

郵便等による身分証明書及び戸籍の附票の写しの請求方法

[2018年7月27日]

ID:8632

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

郵便等による身分証明書及び戸籍の附票の写しの請求方法

本人または同一戸籍の方が身分証明書及び戸籍の附票の写しを郵便等で請求される場合は以下のものを送付してください。

なお、上記以外の方が身分証明書及び戸籍の附票の写しを郵便等で請求される場合は本人からの委任状が必要です。


身分証明書の交付請求

1.申請書

  • 申請書の様式および記載例は(申請書等ダウンロード)こちらです。
  • 申請書をダウンロードできないかたは、次の内容を便せん等に記入してください。

  (1)  請求者の住所及び氏名、生年月日、電話番号(昼間連絡の取れる電話番号を記入してください)

  (2)  請求する証明書の種類と通数

  (3)  本籍・筆頭者の氏名

  (4)  必要とする方の氏名

  (5)  証明の必要な項目

    〇後見の登記(禁治産または準禁治産の宣告)の通知を受けていない

    〇破産宣告の通知を受けていない

  (6)  請求の理由 


2.交付手数料

  • 定額小為替を郵便局で購入し送付してください。切手、収入印紙では取扱いできません。
  • 各種証明書の交付手数料は、「証明書等の手数料について」を参照ください。


3.返信用封筒

  • 切手を貼り郵便番号及び宛先を記入してください。
  • 送付先(宛先)は請求者の住所地に限られます。


4.申請者の本人確認書類の写し


戸籍の附票の写しの交付請求

1.申請書

  • 申請書の様式および記載例は(申請書等ダウンロード)こちらです。
  • 申請書をダウンロードできないかたは、次の内容を便せん等に記入してください

  (1)  請求者の住所及び氏名、生年月日、電話番号(昼間連絡の取れる電話番号を記入してください)

  (2)  請求する証明書の種類と通数

  (3)  本籍・筆頭者の氏名

  (4)  必要とする方の氏名

  (5)  必要としている住所

   (【例】   年 月 日からの住所履歴もしくは○○から○○までの住所履歴が必要)

  (6)  請求の理由

  ※平成13年2月17日に戸籍の附票の改製をしております。

    場合により2通で必要な住所が記載されることもあります。その際は手数料が2通分必要となります。


2.交付手数料

  • 定額小為替を郵便局で購入し送付してください。切手、収入印紙では取扱いできません。
  • 各種証明書の交付手数料は、「証明書の手数料について」を参照ください。


3.返信用封筒

  • 切手を貼り郵便番号及び宛先を記入してください。
  • 送付先(宛先)は請求者の住所地に限られます。


4.申請者の本人確認書類の写し


法人等が戸籍の附票の写しを請求する場合

上記の

 1. 申請書、2. 交付手数料、3. 返信用封筒、4. 本人確認書類の写しに加え

  • 利害関係が分かる疎明資料(契約書の写し等、対象者との利害関係を明らかにするもの)
  • 法人の主たる事務所(本社、支社等)の所在地が確認できる書類の写し(登記事項証明書、登記簿謄本等)
  • 社員証や職員証等請求担当者が申請者である法人に所属していることを確認できる書類または法人(法人の代表者)からの委任状

  を送付してください。

 なお、 1. 申請書の様式および記載例は(申請書等ダウンロード)こちらです。(法人の場合は、社印を押印してください)

4. 本人確認書類の写しにつきましては請求担当者の本人確認書類の写しを送付してください。


請求できる身分証明書及び戸籍の附票の写しの種類

  • 身分証明書(後見の登記(禁治産または準禁治産の宣告)の通知を受けていない。破産宣告の通知を受けていない)
  • 戸籍の附票の写し(必要とする住所がある場合は通数等の確認が必要なため、事前に電話にてお問合せください)
  • 戸籍の除附票・改製原附票の写し(改製日(平成13年2月17日)以前の住所の履歴が必要な場合)

郵便等による請求宛先

 〒577-8521
  東大阪市荒本北1丁目1番1号 
  東大阪市役所 市民生活部 市民室 郵送担当

お問合せ

東大阪市役所 市民生活部 市民室
電話: 06(4309)3160 ファクス: 06(4309)3812
お問合せフォーム