ページの先頭です

不育症検査費用助成事業について

[2021年7月15日]

ID:30663

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

東大阪市では、不育症に悩む方の経済的な負担の軽減を図るため、研究段階にある不育症検査のうち、保険適用を見据え先進医療として実施されるものを対象に、不育症検査に要する費用の一部を助成する制度を下記のとおり実施しています。

お知らせ

令和3年7月15日より不育症検査費用助成にかかる申請受付を開始します。

不育症検査費用助成事業の内容

助成対象者

次の要件を満たす方が助成の対象となります。

(1)検査実施日時点において、東大阪市に住所を有する方

(2)2回以上の流産、死産の既往がある方

助成対象検査

次の要件を満たす検査が助成の対象となります。

(1)令和3年4月1日以降に実施した先進医療として告示されている不育症検査(流産検体を用いた染色体検査)

(2)上記検査を実施する医療機関として、管轄厚生局に届出を行い承認された保険医療機関で実施するもの(該当する医療機関は、以下のリンク先をご確認ください。)

(参考:厚生労働省HP) 先進医療を実施している医療機関の一覧(外部サイトを別ウインドウで開きます)

助成額

1回の検査につき5万円まで(ただし、保険適用されている不育症に関する治療・検査を保険診療として実施している医療機関で当該検査を実施した場合に限る。)

申請方法

申請者

不育症検査を受検された方(申請書の窓口への持参は、代理人でも可能です)

申請窓口

・東保健センター ( 電話 072-982-2603  ファクス072-986-2135)

・中保健センター ( 電話 072-965-6411  ファクス072-966-6527)

・西保健センター ( 電話 06-6788-0085  ファクス06-6788-2916)

※郵送による申請を希望される場合、下記までお問合せください。

必要書類

(1)東大阪市不育症検査費用助成事業申請書

(2)東大阪市不育症検査受検証明書

(3)不育症検査結果個票

(4)実施医療機関発行の領収書(原本をお持ちください)

<申請書等はこちらのページでダウンロードしてください>

お問合せ

東大阪市 健康部   保健所 母子保健・感染症課 

電話: 072(970)5820

ファクス: 072(970)5821

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問合せフォーム


この記事を見ている人はこんな記事も見ています

ページの先頭へ戻る

Copyright © Higashiosaka City. All Rights Reserved.