ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

メニューの終端です。

社会福祉施設等における感染症等発生時に係る報告について

[2018年4月26日]

ID:21426

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

社会福祉施設等において、施設内で感染症や食中毒(疑いを含む)が生じた場合は、すみやかに施設を主管する担当課および保健所に対して発生状況の報告を行い、連携をして適切な措置を講じる必要があります。

下記に該当する場合は、担当課と保健所への報告をお願いします。

報告基準

(ア)同一の感染症若しくは食中毒による又はそれらによると疑われる死亡者又は重篤患者が1週間以内に2名以上発生した場合


(イ)同一の感染症若しくは食中毒の患者又はそれらが疑われる者が10名以上又は全利用者の半数以上発生した場合


(ウ)ア及びイに該当しない場合であっても、通常の発生動向を上回る感染症等の発生が疑われ、特に施設長が報告を必要と認めた場合


保健所への報告について

報告様式

下記の報告様式に必要事項を記入し、保健所あてにファクスにて報告をお願いします。

お問合せ

東大阪市 健康部   保健所 母子保健・感染症課 

電話: 072(960)3805

ファクス: 072(960)3809

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問合せフォーム