ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

メニューの終端です。

麻しん(はしか)について

[2018年4月26日]

ID:18050

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

麻しん(はしか)が流行しています

平成30年3月20日より、沖縄県において麻しん患者の増加が報告され、厚生労働省が広く注意喚起をしています。

麻しんは非常に感染力が強く、免疫を持っていない人が感染すると、ほぼ100%発症すると言われています。麻しんの予防として最も有効な方法は予防接種です。

沖縄県がホームページにて注意喚起を行っていますので、沖縄へ旅行や出張を予定されている方は参考の上、必要に応じて予防接種をご検討ください。

麻しん(はしか)患者の発生について(沖縄県ホームページ)


麻しん(はしか)とは

麻しん(はしか)について
 感染経路空気感染、飛沫感染(咳、くしゃみ)、接触感染
 潜伏期間 約10日から12日
 症状

【カタル期】

38℃前後の発熱や咳・鼻水・くしゃみなどの風邪のような症状

熱が一時的に下がる頃、頬粘膜に白色小斑点(コプリック斑)が出現

【発疹期】

一時的に下がった熱が再び高くなり(39.5℃以上)、特有の発疹が顔から全身に広がる

【回復期】

発疹出現後3から4日間続いた発熱が下がり、全身状態が改善する

 感染性のある期間症状が出現する1日前から発疹出現後5日目まで
 治療方法対症療法 
 予防方法予防接種 

麻しんを疑ったときは

発熱、せき、発疹など、麻しんを疑う症状が出た場合には、学校や仕事を休み、早めに医療機関を受診してください。受診の前に麻しんの疑いがあることを電話等で伝え、受診の方法を確認してから受診してください。麻しん患者と接触していた場合には、そのことも伝えてください。過去に予防接種を受けたことのある方は、発疹等の典型的な症状が出現しないことがありますので、症状だけで判断せずに医療機関等にご相談ください。


麻しんの予防のために予防接種を受けましょう

麻しんは感染力が強く、空気感染をしますので手洗い、マスクのみで予防はできません。予防接種(麻しん風しん混合ワクチン)が有効な予防法です。

定期予防接種の対象期間は、1歳以上2歳未満と小学校就学前1年間です。

定期予防接種対象者で、まだ予防接種が済んでいない方は、早めに接種するようにしてください。

詳しくは、予防接種と受けられる年齢のページをご覧ください。

医療機関のみなさまへ

麻しんは感染症法に基づき、全数の届出をすることが義務づけられています。麻しんと診断(疑いを含む)した医師は、直ちに保健所へ発生届を提出してください。発生届を受理後、発生状況の確認や2次感染予防の対応を行うため、医療機関および患者さんにご連絡をさせていただきます。

麻しんの届出基準や届出票について(厚生労働省ホームページ)

関連情報

お問合せ

東大阪市 健康部   保健所 母子保健・感染症課 

電話: 072(960)3805

ファクス: 072(960)3809

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問合せフォーム


麻しん(はしか)についてへの別ルート